常磐交通自動車(新常磐交通)

(湯本駅前にて)
2005年の6/4・5と11・12に「スパリゾートハワイアンズ創業40周年イベント」の一環として
ボンネットバスの復活運行が行なわれました。
そのときの模様です(6/12撮影)


いすゞ BXD30 昭和41年式  元三重交通

(駅前の案内)

(車内の様子)
駅前に行きますと「無料ですから時間があれば乗っていって」と言われまして
乗車することにしました。ボンバスは数年前の群馬の公共交通フェア以来。
車内には昔の常磐交通バスの写真が掲示されていました。

(ハワイアンズにて)

(ハワイアンズにて)
ハワイアンズでも人気を博していました。
皆さん、バスの前で記念撮影。
わざと残した「SANCO」のステッカー。常磐交通の社名は小さく表記。
この車両をバス保存会から借り受ける際に、貸し出し終了後元の三交カラーに
戻してから返却すると言う約束があったそうで
昔、常交で似たカラーリングを使っていたことがあったらしく
純粋なカラー復元と言うわけではなく三交カラーでの復活になったと
常磐交通の方からお伺いしました。
シンプルな運転席。三交時代の装置も残っています。
表記類も残っています。
運行整備は関鉄自工で、板金や塗装は常交整備で行なわれました。
昭和18年の戦時統合により誕生した常磐交通自動車です。
福島の浜通り、現在は日本で10番目に大きい市となってしまった
「いわき市」を中心に運行しています。

地域内のバス利用者も全盛期の十分の一近くに減り、構造的な赤字体質になっていたものを
全国初の「同一職種・同一賃金」を導入するなどし、思い切った経営改革を行なってきた。
また60周年を期に路線車新カラー導入、「Sキューブ宣言」、けんさくねっとなどお亡くなりになられた
前社長野ア俊夫氏の元、サービス向上に努めていき、単年度のバス事業の経営自体は少しずつ改善していった。
だが国の新たな国庫補助が複数市町村にまたがる路線しか対象としなくなった為、いわき市内を起終点とする
常交の路線では補助を受けられなくなり、厳しい状態に陥りました。
また常交本体も120億とも言われる負債を抱え、債務処理が急がれていた。

その為常磐交通として、従業員の雇用と地域の足を守るために、バス事業や自動車教習所経営などの
全事業を無借金子会社の「常交中小型自動車」に譲渡し、本体で債務処理を行うという案を提示した。
2005年6月の臨時株主総会で1回は否決されたが、その後9月の臨時総会で可決され
社名を「新常磐交通」と変更されることになった。10月に国交省に譲渡を申請、翌年の1月12日に認可された。

その同じく1月、常磐交通は事業譲渡をする常交中小型自動車の全株式をグリーンキャブに売却し
グリーンキャブが経営支援を行なうということになった。

2006年2月1日、常磐交通は新しい体制になった。
全事業を引き継いだ「新常磐交通」が発足、旧常交は「浜通り旅客輸送」と社名を変更。
浜通り旅客輸送は新常磐交通への資産譲渡と債務処理を進め、年内に特別清算手続きに入る見通しとなった。

今後も決して平坦な道ではないが、新体制の今後を見守っていきたい。頑張って欲しいと思います。
ボンネットバス
いわき22 か・127
いすゞ K−CLM500 昭和57年式
常交の大型車で最古参となる残り1台の富士重3Eボディの車両。
8/21現在では残っていました。ただ状態はあまり良いとは言えません。
予備車として置かれているものと思われます。
昨年の9/18に撮った同車です。 モノコック車3台。
末永く活躍することを祈ります。
いわき22 か・160
(泉駅前にて)
いすゞ K−CJM500 昭和58年式
日本でも数少なくなった北村製作所製ボディを架装した車両。
常磐交通では残りこの1台だけです。
この車両はまだ綺麗で、ダイヤ運行に入っています。
なかなか車庫に居らず、撮影の難しい車両です。
泉駅発江名経由いわき駅行き運行に入る160号車。結構な距離を走ります。
江名から先には住宅地の狭隘区間もあり、変化を楽しめます。
いわき200 か・105

(現在の105号車)

(塗装変更直後の105号車)
いすゞ U−LV324L(改) 平成5年式 元東武バス
常磐交通も中古車の導入をしました。2台です。
こちらは元東武の試作ワンステップ車といわれるモデルで、本来正面の黒い部分の
左側はスモークのアクリルで視界拡大窓の役割をするのですが
常交さんでは塗装をされて実質埋められています。
また右延長ミラーはそのままですが、右のアンダーミラーは外されています。
都内仕様だったので整理券発行機は綺麗に後付けされています。
 
いわき200 か・106

(現在の106号車)

(塗装変更直後の106号車)
いすゞ U−LV324L 平成5年式 元東武バス
こちらは同じ東武の低床車(2ステップ)です。
扉の配置が常交の一般車と同じなので使い勝手は良さそうです。
この車両から高速バスでも使われだした常交の新塗装になっています。
整備直後にお伺いした際に
ご好意でわざわざこの様に並べて頂きました。
本当にありがとうございました。
いわき中央営業所
2つ目RJ 2台
どちらも 日野 P−RJ172BA 昭和59年式
2つ目RJ 5台・・・
これだけの台数を見られるところも多くないでしょう。
いすゞ P−LR312J
左の250号が昭和60年、211号が59年式です。
4つ目になる日野 U−RJ3HJAA
平成3年式
古参格 川重車体
いすゞ K−CLM500 昭和57年式

昭和60年式

昭和58年式
日野 P−RT225AA 
全国的に少なくなってきた いすゞ U−MR132D 平成3年
こちらも少なくなった 日野 U−RB1WEAA 平成3年
新車導入では唯一の7E。
UD U−UA440LSN
屋根広告。
常磐交通自動車その2へ


常磐交通自動車その2へ

新常磐交通HP