東武バス
東武バス(東武鉄道バス事業本部)といえば、東京・埼玉・千葉を始めとして
北関東各地にに多くの路線を持つ『バス王国』でした。

だが王国の衰退も早く、乗合バスの利用者が年々減少するようになっても
事業規模が拡大しきっていた為、赤字の累積が増えつづける状態でした。

一時期は『東武の騎馬部隊』と言われ新潟・長野まで進出する勢いを見せた
東武バスも北関東地域から撤退が始まり、グループ各社他に移管されました。
現在では埼玉地域でも移管は進み、越谷・春日部などからも撤退してしまいました。

観光バスも一時は321台を誇り、売上高も西鉄バスを抜いて日本一に
なったこともあったのですが、現在は台数も15台と昔日の影も無いのは悲しい限りです。

その東武バスも平成14年10月1日をもって東武バス株式会社と各地域運行会社
(東武バスセントラル・東武バスイースト・東武バスウエスト・東武バス日光)に分社化されました。

鉄道本体から離れた事は非常に悲しいことではありますが
これを期に今後の発展を期待したいところです。

ここでは、越谷を中心として東武バスの少し懐かしい時代の
バスの画像を公開しています。
東武バス越谷営業所
周辺の東武バス
東武の青バス
東武の観光バス
観光格下げ改造の路線バス
日光の東武バス
鬼怒川の東武バス
廃車バス
高速バス「江戸川台線」開業の日
高速バス「あだたら号」開業の日